ストーカーの対処法と注意点

ストーカー被害にあった時の対処法と注意点

トップクラスの調査力+低料金+アフターフォロー=「総合力でお客様満足度No1」

ストーカー被害にあった時の対処法と注意点

ストーカーへの対処方法

ストーカーイメージストーカーによる被害は、ここ数年増加傾向にあります。
対応を誤るとストーカーを刺激してしまい、状況が悪化してしまう可能性も否定できないため、ストーカーへの対処の仕方には注意が必要です。
ストーカーの被害は時間とともに解消する場合もあるのですが、その逆に時間とともに悪化してしまうケースも考えられます。
もしもストーカー被害の徴候があった場合には、初期段階で対処し被害の拡大を防ぐ事が非常に大切になります。
ストーカーの初期でしたら、ストーカー被害から解消される可能性が高いだけでなく、あなたの危険性も低いと考えられます。
今はそれほど深刻な被害がない場合であっても、今後命に係わる被害に加速する可能性があると考え、早めに対処を行うことをおすすめします。
またストーカー犯が元恋人や知人などの場合などには、躊躇してしまう方も多いようですが、ストーカーはれっきとした犯罪であり今後大きな犯罪を生まないためにも、早期の対策が大切であると考えられます。


ストーカー対処の注意点

ストーカー対処の注意点まずはどのような行為がストーカーに当たるのかを理解する必要があります。
ストーカー行為はストーカー規制法により規定されており、「つきまとい等」を繰り返し行う事を言います。
具体的には以下に挙げる8つがストーカー規制法の対象になります。

  • ・つきまとい、待ち伏せ、進路への立ちふさがり、見張り、押し掛けること
  • ・監視していると思わせるような事項を告げること
  • ・面会、交際等を要求すること
  • ・著しく粗野または乱暴な言動
  • ・無言電話、連続して電話・ファクシミリ・電子メールを送信すること
  • ・汚物などを送付すること
  • ・名誉を害する事項を告げること
  • ・性的羞恥心を侵害すること
詳しくは ストーカー規制法のページ をご確認ください。
上記にあるような行為を受けている場合はもちろん、今後ストーカーに発展しそうな場合には早期の対処が必要になります。

ストーカーは「恋愛感情」または「恋愛感情が満たされないことへの恨み」が原因になります。
そのため恋愛に発展する可能性があると相手に思われるような行為や、相手が勘違いするような行為は避けるべきでしょう。
ただし思い込みが激しいストーカーの場合には、あなたに好意が無いことが分かると、裏切られたと感じてしまい憎しみからストーカーに発展する可能性も否定できません。
ストーカー相手が分かっている場合には、相手に合わせた対策が必要になる場合もあります。

ストーカー被害に遭いそうな場合に気を付けるべき項目は、「相手に好意があると勘違いされないこと」と「相手に対して嫌われない(怒りの感情を抱かせない)こと」が大切です。
ただしこれらの対応は、ストーカー初期の状態やストーカーに発展する前の状況では有効ですが、ストーカー行為がすでに発生している場合には、他の対処策を考える必要があります。

自分で行う具体的な対処方法

対処方法ストーカー犯の心理は人により異なるため、ストーカー犯の心理によって対応を変える必要があります。
また被害の状況が異なれば、対処の仕方も変わってきます。
ここでは、ストーカー被害の状況によるストーカー犯の心理を考え、被害の解決方法をご紹介します。

現在はストーカーとまでは言えないが今後が心配な場合

元恋人や職場の同僚などが、ストーカーになりそうで怖いと感じる方は意外と多いものです。
元恋人の場合にはあなたに捨てられたと感じ、好意が憎しみに変わってしまう可能性があるため、対応には非常に注意する必要があります。
ストーカーに発展する最も多いケースですが、対応が最も難しいケースでもあります。
このような場合には、あなたに対する憎しみを持たないような方法で、相手に関係を終わらせることを伝える必要があります。
一方的に無視をしたり、相手を逆上させるような行動は慎むべきで、出来るだけ円満に解決を計ることが得策と考えられます。
あなたの気持ちを全て伝え、理解してもらう必要がありますが、復縁の可能性があると思わせないことも大切です。

今後ストーカーに発展する可能性も否定できませんので、メールなど証拠として残るもので連絡を取り、万が一ストーカーになった場合のために、証拠として残すことは有効であると考えられます。
直接会って話し合いをする場合には、一人では危険な可能性がありますので注意が必要です。出来れば友達や知人に同行してもらいましょう。
相手が嫉妬する可能性もありますので、異性の知人に同行してもらう場合には注意が必要です。
仕方なく1人で合わないといけない場合には、喫茶店など多数の人が居る場所で会い、相手の自宅や車などに乗ることは避けるべきです。
あなたの気持ちが無いことを伝え、あなたに対して憎しみを持たないような話し合いが出来れば、ストーカーに発展しない可能性は高くなるでしょう。

知人がストーカーの場合

知人がストーカーになる原因として、あなたの何気ない言動があなたも好意を持っていると、勘違いしてしまう事から始まる場合が多いようです。
特に恋愛経験が少ない相手やプライドが高い相手などでは、ストーカーになる可能性が高いようです。
あなた側にも好意があると勘違いするような言動を無くすことで、ストーカーに発展する可能性は低くなるでしょう。

既にストーカーになってしまっている場合には、相手を刺激しないように終息を計る必要があります。
基本的には元恋人がストーカーになった場合と同じ対応を取ることが有効ですが、共通の知人や親友の力を借りることも有効です。
ただし相談相手がストーカーとも深い中の場合には、あなたよりもストーカーの見方をする可能性もありますので注意が必要です。
場合によっては相談相手にも憎しみを抱き、ストーカー行為が相談相手に向かう可能性も考えられます。

ストーカーが誰かわからない場合

ストーカー相手が不明の場合には、あなたの身の安全が最優先になります。あなたの身の安全を確保してから他の解決策を探す必要があるでしょう。
ストーカー相手が不明の場合には、対処が出来ない場合が多いだけでなく、知人や同僚なども疑ってしまい精神的にもつらい状況になる方が多いようです。
このような場合には自分一人での対処が難しい場合もありますので、警察や探偵に依頼して犯人を特定する事も考える必要があるかもしれません。

ストーカーから身の守り方

身を守る方法ストーカーに遭っている場合には、ストーカー被害からの解消が最終目的になることは間違いありませんが、まずは自分の身を守ることが最優先になります。
現在は身の危険がない場合であっても、突然あなたに対して攻撃的になる可能性も否定できません。
重大事件に発展する可能性は稀ですが、自分自身でもできる限りの対策を取りましょう。

自宅にいる場合には戸締りしっかりしましょう。

一人暮らしの場合や自宅に一人でいる時間は、最も被害に遭いやすい状況になります。全ての鍵を閉めてストーカーが侵入できないようにしましょう。ストーカー犯は統計的にも身近な人物の可能性が高くなります。合いかぎを持って居る可能性もありますので、玄関ドアはチェーンロックも忘れず掛けるようにしましょう。
ストーカー犯を自宅に入れないだけで、多くの被害を防ぐことが出来ます。

人気がない場所では1人にならないようにしましょう。

ストーカー被害の多くは1人でいる時に起きています。出来る限り一人にならないことは、被害に遭わないために有効な方法です。
自宅までの帰り道などは人が多い道を選んだり、帰る時間があまり遅くならないように注意するなど、出来るだけ人気のない場所に行かないようにしましょう。
帰宅が遅くなった場合には、タクシーを利用したり知人に協力してもらうことも有効な方法になります。

両親など信頼できる人に協力してもらいましょう。

ストーカー被害者の多くは、両親には心配を掛けたくないと考えるようですが、最も信頼が出来る相談相手であることに違いはありません。
金銭的な負担や時間的な負担をしてでも、多くの場合で協力が得られる場合が多いでしょう。
ストーカー被害はあなたに落ち度がある訳ではありません。相談をためらる必要は無いと考えられます。

自分だけでは対処できない場合には

警察、探偵のイメージ自分だけではストーカー被害を解消できない場合には、警察、探偵、弁護士などの力を借りることも可能です。
最近ではストーカー被害から重大事件に発展するケースもあるため、警察も動いてくれることが多くなりましたが、現在の被害が深刻でない場合には、希望するような対策を取ってくれない場合があるのも事実です。
警察に相談するメリットは法的な権限を持っている事と、無料で対応してくれる所にあります。
ただし警察も限られた人員の中で、優先順位をつけて捜査を行う必要があるため、あなたへの対応を迅速に行ってもらえない可能性もあります。

警察に相談しても思うような結果が得られない場合には、探偵に調査を依頼して証拠収集や犯人の特定を行う事も可能です。
探偵が調査をしてもストーカーから解放されるわけではありませんが、その証拠を元に警察に相談する事で警察が迅速に対応してくれることは珍しくありません。警察側としても、犯罪行為を行っている証拠がある場合には、捜査の優先順位は高くなるでしょう。
名古屋調査室aiが行っている ストーカー対策の詳細ページはこちら

探偵の調査によってストーカーを特定できた場合には、弁護士などを通して和解(今後ストーカー行為を行わないと約束させる)をする選択肢もあります。
弁護士に依頼した場合には、「ストーカー行為を止めて下さい」「やめなければ法的措置も検討する」といったような内容証明郵便を送るのが一般的です。ただの内容証明郵便ではありますが、弁護士が出した手紙であれば自分が犯罪行為を行っているという自覚が生まれ、ストーカー行為が無くなることも珍しくありません。
その他の解決策としては、弁護士がストーカー犯と代理交渉を行う場合もあります。ストーカー犯と直接話し合いを行い、今後もストーカー行為が続くようであれば、法的手段を検討するという書面にサインをさせることもあります。
ストーカー被害の状況によっては、損害賠償や慰謝料の請求を行う事も可能です。

ストーカー相手が不明な場合や、ストーカーである証拠がないために警察が動いてくれない場合もあるようです。
弁護士に依頼した場合でも、加害者が不明の場合には弁護士も対応が出来ません。
ストーカー犯が不明な場合や証拠がない場合には、探偵に調査を依頼する事で問題が解決する可能性もあります。
探偵による調査は料金が掛かるというデメリットもありますが、当日からでも調査に着手してくれる場合もあり、あなたの希望も柔軟に聞いてくれるなどのメリットも多くあります。
自分一人では解決できない場合には、「警察」「弁護士」「探偵」の力を借りることが、問題解決の近道になる場合もあります。

ストーカー被害に役立つ情報

ストーカの被害に遭っている方や、ストーカーを疑っている方に役立つ情報を紹介しています。
また、浮気が原因で離婚を考えている場合には、多くの問題が発生する場合があります。下記ページではそんな皆様に役立つ情報を多数掲載しています。