浮気や不倫の現状と出会いの場所

浮気や不倫の現状を紹介Current status of affair

浮気や不倫の経験者は意外に多い

浮気や不倫の現状と出会いの場所

浮気や不倫のイメージとして、既婚男性と若い女性の関係を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
しかし、男性だけが浮気をする考えは完全に間違いであり、女性の浮気も男性とほぼ同じ数が行われています。
各種のアンケートでも、男女ともに浮気経験者の割合は30パーセント前後で、男女による浮気経験者の割合は変わりません。
そもそも、1人では浮気はできず一般的には男女の間で行われます。既婚者と未婚者の浮気も一定数はありますが、その割合が男女で同じであれば浮気の数も男女で同じでなければ辻褄が合いません。
また、男女ともに約3人に1人が浮気の経験があると答えており、浮気は決して少数に人のみが行っている訳ではありません。

浮気が増えている理由として、女性の社会進出により出会いの場が増えていること、女性も性にオープンになり身体の関係に抵抗がなくなってきていることが考えられます。
また、女性をターゲットにした浮気を題材としたドラマが話題になるなど、既婚女性であっても不倫に憧れる人が一定数いると思われます。

肉体関係には至っていなが「好意を持った異性がいた」「異性とデートをした」「キスまではした」を合わせると50パーセントを超えています。
このことから、不倫の一歩手前までは経験しているが、一線を超えなかった人も相当数いると考えられます。また、浮気をしたいと思っていてもチャンスがない人もおり、きっかけがあれば浮気をしてしまう人はもっと多いのかもしれません。
浮気経験者の年齢は男女とも20代~50代と幅が広く、あらゆる年齢の夫婦に浮気の可能性があります。

当探偵社の行っている浮気・不倫調査の詳細
業界トップクラスの調査力と低料金を両立させた、当探偵社の浮気調査の詳細をご確認ください。

浮気相手との出会いの場所

既婚者の約30%が浮気の経験があると答えていますが、浮気相手との出会いの場所はどこでしょうか?
当探偵事務所では、浮気の確認や証拠収集だけではなく浮気相手を特定も行っています。そのため、浮気相手との出会いの場所や関係性を確認できるケースは少なくありません。
浮気相手との出会いと言えば、以前は同窓会や元恋人などの知人が多かったですが、最近では変化が見られます。
浮気相手との出会いの場所を紹介していきます。

浮気相手との出会いの場所No1は職場

同僚・上司・部下・取引先など、普段から仕事で顔を合わせ会話をする間柄であれば、恋愛感情を持ち不倫に発展しても不思議ではありません。
当探偵社が行った浮気調査でも、浮気相手が職場の関係者であるケースが最も多い結果となっています。
職場での浮気は、浮気をするつもりがなくても接する時間が長く共同で仕事をしているうちに仲良くなり、気付いたときには恋に落ちているケースが多いようです。また、お互いをよく知っている関係性ですので、女性でも不安が少なく身体の関係を持ちやすいのかもしれません。
積極的に始まった浮気ではありませんが、日常的に顔を合わせ人間性をよく知った上での浮気であり、恋愛感情が伴っているケースが多く解消が難しい特徴があります。
職場での浮気は、同じ会社の異性だけが浮気相手ではありません。取引先、関連業者、お客様、同じビルの別の会社など、仕事で顔を合わせる相手と浮気をしているケースもあります。

浮気相手との出会いNo2は意外にもインターネット

出会い系サイトやマッチングアプリは「本気の恋を探している」人もいますが、身体の関係を求めて利用している人も多いようです。また、既婚者のなかには好奇心から軽い気持ちで利用して、最終的に身体の関係を持ってしまう人も多いようです。
インターネットは匿名で利用できますので、異性に慣れていない方でも利用しやすい出会いの場と言えるでしょう。直接会ったり電話では積極的に異性を誘えない人でも、メッセージのやり取りであれば利用しやすいのかもしれません。
普段の生活で出会いが少ない人でも、インターネットを利用すれば簡単に浮気相手を見つけられるでしょう。

出会い系サイトやマッチングアプリは男性の利用が多いイメージがありますが、女性の利用者も決して少なくありません。性別を問わず、異性との出会いを求めている人は多いのではないでしょうか?

インターネットを利用した出会いは、出会い系サイトやマッチングアプリだけではありません。
ネットゲームやカラオケアプリなども、メッセージのやり取りができる機能があるものが多くあります。このように、趣味に利用しているアプリで浮気相手と知り合うケースもあるようです。
それ以外でも、SNSやブログなどを見てメッセージを送り、浮気に発展している人も居るようです。
インターネットは、異性との出会いを求めている人が多く利用していますので、比較的簡単に浮気相手を見つけられる特徴があります。
また、身体の関係を求めて利用している人が多い傾向にありますので、身体の関係に発展しやすい出会いの場と言えるでしょう。

元交際相手や過去に好意を持っていた相手との再会

夫婦関係が上手くいっていなかったりマンネリな場合には、元恋人との思い出が美化され懐かしく感じる人も多いようです。そのため、再会を果たせば、短期間で身体の関係に発展しても不思議ではありません。
以前はこのような出会いは同窓会や街での偶然の再開が多かったのですが、最近ではフェイスブックなどのSNSで過去の恋人や友人を簡単に見つけられます。
また、現在40歳以下の方は学生の頃から携帯電話が普及しており、電話番号さえ知っていれば簡単に連絡ができる環境にあります。LINEの設定によっては電話番号が登録されている相手が自動で表示されますので、メッセージであれば気軽に連絡が取れるでしょう。
このような出会いは、元恋人だけではありません。過去に好意を持っていたけれど交際に至らないかった異性でも簡単に再開ができます。
元交際相手など以前に身体の関係があった相手であれば、再会すれば身体の関係に抵抗が少ない人も多いのではないでしょうか。また、若い頃に好意を持っていたけれど交際に至らなかった相手でも、大人になった今であれば身体の関係に発展しやすいのかもしれません。
インターネットの普及で簡単に再開ができる出会いですが、恋愛感情が伴う浮気が多く関係の解消が難しい特徴があります。

ナンパや合コンなどで出会う

若いときには頻繁にナンパされた女性でも、年を重ねると声を掛けられる機会は減っていくものです。
そんな時に異性から声を掛けられると、自分もまだ女として見てもらえると嬉しく感じる人も多いようです。ナンパがうっとうしいと話す女性も多いですが、実際には好みの異性から声を掛けられれば嬉しく感じる女性は多いようです。
ナンパの場所はいろいろありますが、バーやクラブはもちろん出会いを目的とした居酒屋などもあります。このような場所は、受け身の女性であっても高い確率で声を掛けられます。また、声を掛けられるのを待っている女性が集まる場所ですので、奥手な男性でも街中よりも声を掛けやすい場所でもあります。
その他には、既婚者でも合コンや初対面の異性が参加する飲み会に参加する機会は少なくありません。男女が出会い会話が生まれる機会があれば、浮気関係に発展しても不思議ではありません。
ナンパや合コンは身体の関係を求めている方が多い傾向にあり、浮気関係の解消が容易である場合が多いようです。ただし、一度は浮気を解消しても新たな相手と浮気を繰り返す人が多い傾向があります。

キャバクラなどの風俗店

浮気相手がキャバクラやクラブなど、夜のお店の女性であるケースは少なくありません。一方で、女性がホストと浮気をしているケースは少数です。これは、このようなお店に出入りしている人が、男性と比べ女性は少ないからだと考えられます。
夜のお店は、店員と客の関係ですので冷たい対応をされることがなく、異性を口説くのに慣れていない人でも話しやすい場所です。また、身体の関係に抵抗が少ない女性が多い傾向にありますので、身体の関係に発展しやすい出会いの場所でもあります。
その他にも、お金で身体の関係を持つ女性も一定数おり、一般の方よりも容易に身体の関係を持つことができる場合があります。
当探偵社が行った浮気調査でも、40代の男性に夜のお店の人との浮気が多い傾向があります。これは、ある程度の年齢になると若い女性との出会いは少なくなりますが、お金に余裕があれば簡単に浮気相手が見つかるからだと思われます。
夜のお店での出会いは、女性側は割り切った関係を望んでいる場合が多いので、浮気関係の解消が容易な浮気と言えるでしょう。ただし、浮気を解消しても新たな相手と浮気を繰り返す人が多い特徴があります。

習い事やスポーツクラブ

既婚者でも習い事をしている人は少なくありません。
仕事でのスキルアップを目的とした習い事もあれば、趣味や友達作りを目的とした習い事をしている人もいます。
このような習い事では、生徒同士や先生と自然と会話をする関係であり、お互いに好意を持って浮気関係に発展しても不思議ではありません。
また、スポーツクラブでは、頻繁に顔を合わす相手とは会話が生まれますし、会員のコミュニケーションを目的としたイベントも少なくありません。
その他、趣味の集まりやサークルは積極的にコミュニケーションを取る場所であり、異性と仲良くなりやすく浮気に発展しやすいでしょう。
習い事やスポーツクラブでの出会いは、配偶者や職場と接点がなく既婚者にとっては異性を誘いやすい環境です。また、同じ趣味や目的がある相手とは話が合いますし、社交的な性格の方も多いので浮気に発展しやすいのかもしれません。

学会、講習会、経営者の集まりなど

職業によっては学会や講習会などへ参加する仕事は少なくありません。また、経営者は経営者を対象とした交流会に参加している方も多いと思います。
その他にも、年に数回は本社に集まっての研修や親睦会が行われる会社も多いでしょう。
このような場所は、同じ職業や役職に付いている方が集まりますので、価値観が近く自然と会話が生まれ友人関係になりやすい特徴があります。また、集まりの後には飲み会などで交流を深める場合も多く出会いが多い場所です。
集まりが遠方であれば宿泊になりますので、配偶者に縛られない自由な時間が作りやすくハメを外す方も多いようです。また、地元での集まりでも帰りが遅くなる言い訳がしやすいでしょう。
交友関係を広げる目的の集まりでは初対面でも積極的に話しかけ連絡先を交換しますので、異性であっても親密になりやすい環境があります。
また、地位がある方や身元がしっかりしている方の集まりであれば、女性でも警戒心が薄く親しくなりやすいのかもしれません。

友達の友達などの交友関係

結婚をして家庭を持つと、独身時代のように頻繁に友達と遊びに行くことは少なくなります。
しかし、定期的に顔を合わせる友達が居たり、数年ぶりに集まったりする機会はあるのではないでしょうか。また、友達の結婚式や久しぶりに帰省した友人が居れば、当時の友達を誘い集まる人も多いと思います。
このような友達と会う機会には、友達だけでなく友達の友人が同席するケースも少なくありません。友達の友人であれば好意的で警戒心もないため、異性であっても会話が弾み浮気関係に発展しても不思議ではありません。
基本的に価値観が近い人が友人関係になりますので、その友人とも価値観が近く仲良くなりやすいでしょう。
また、友達が多い人は社交的で人に好かれる傾向がありますので、異性としても魅力的な人が多いのかもしれません。

その他にも不倫に発展する出会いの場はある

浮気相手との出会いには多くの場所があり、男女が顔を合わせる機会があれば不倫関係に発展しても不思議ではありません。
ここで紹介する出会いは、一つ一つは少数ですが全てを合わせればある程度の数になり、無視できない浮気相手との出会いの場所です。

店員とお客様の関係から浮気に発展する場合があります。
コンビニやスーパーなど店員と客が深い関りを持たない場所では、浮気関係に発展する可能性は低いかもしれません。しかし、美容院、エステ、バー、スポーツクラブなどは、店員と会話をする機会が多く浮気に発展しても不思議ではありません。
また、店員よりも関りが深くなる営業職との浮気は少なくありません。自動車販売店、住宅メーカー、不動産会社、保険会社などの営業とは長時間会話をする機会がありますし、住宅のリフォームや太陽光発電などの訪問販売では自宅と言う環境がより親密になりやすいのかもしれません。
サービス業や営業職の方はコミュニケーション能力が高く身だしなみにも気を使っている人が多いので、魅力的な異性に見え浮気に発展しやすいのかもしれません。
店員とお客様の出会いから浮気に発展するケースは少なからずあるようです。

その他には、保育園や学校、子どもの習い事など、子ども関係で出会った異性と不倫関係になっている場合もあります。保護者会や運動会などで顔を会わせる機会も多いですし、自然と会話が生まれる出会いであり浮気に発展しやすいようです。このような出会いは、お互いに既婚者であると分かっていますので、秘密が守られる相手であり浮気がしやすい理由もあるのかもしれません。
また、ママ友の旦那や家族ぐるみで交友がある相手と浮気関係になっているケースもあるようです。
最近では少なくなってきましたが、子ども会や町内会の集まり、マンションであれば管理組合で出会った相手と浮気をしている場合もあります。
その他には、結婚前から浮気の関係が継続していたり、義理の関係にある身内と浮気をしているケースも少数ですがあるようです。

不倫相手と合う頻度

浮気相手と合う頻度は、生活スタイルやお互いの住んでいる場所によって異なるようです。しかし、ほとんどのケースで、浮気相手とは月に1回以上は会っているようです。
浮気経験者に行ったアンケートでも、月に1回未満しか会っていないと答えた方は全体の15%で、80%以上は月に1度以上は会っていると答えています。
浮気相手と月に3回以上あっている方が40パーセント、同数の40パーセントが月に1~2回と答えており、月に1回以上あっている方が80パーセントを超えています。
このアンケート結果は、当探偵社が行った浮気調査の結果とも一致しています。

浮気相手と会う頻度は浮気相手との親密度よりも、お互いが住んでいる場所や生活環境が大きく影響していると考えられます。
浮気相手が遠方に住んでいる場合には、1~2ヵ月に1回程度と会う頻度が低い傾向にあります。一方で、浮気相手が近い場所に住んでいれば月に1回以上と会う頻度が増える傾向にあります。
また、勤務時間が決まっている仕事であってり小さなお子様がいる主婦などは、自由な時間が作り難いので会う頻度が低い傾向があります。ただし、浮気相手と会う時間は何とかして作ろうとしますので、残業や飲み会、実家に子どもを預けるなどして浮気相手と会っているようです。
浮気相手と会う頻度は、親密度よりも会う時間が作れるかで変わるようです。

浮気に発展する理由や原因

不倫は不法行為に該当しますので、浮気をした人が悪いという考えは間違っていません。しかし、正論を主張し責めるだけでは浮気を防下ないのもまた事実です。
浮気をする理由は人それぞれですが、どの様なときに浮気をしてしまうのかを考えてみましょう。
浮気をしている人の中には、積極的に出会いを求め浮気をしている人もいれば、浮気をする気はなかったが気付いたら恋に落ちていた人もいます。また、夫婦関係に不満があり浮気をしている人も少なくありません。
浮気をしてしまった原因を紹介していきます。

  • 夫婦でいても寂しいなど夫婦関係に不満がある
  • 性的欲求を満たしたい
  • 独身時代のようなトキメキを感じたい
  • 現実逃避をしたい
  • 異性として見てもらいたい
  • そもそも浮気を悪いと思っていない

夫婦でいても寂しいなど夫婦関係に不満がある

結婚生活が長くなれば夫婦間のすれ違いは必ず起こります。
恋人同士の頃は気にならなかった欠点や悪い部分が、婚姻生活が長くなれば気になり出す方も少なくないでしょう。また、交際期間には相手に気を遣って接している人も多いですが、婚姻生活が長くなれば相手への気遣いがなくなっていきます。
その他にも、一緒に生活をしていれば仕事や育児などのストレスや悩みも生まれますので、配偶者に対して気を使う余裕がなくなり態度に出てしまう人もいるでしょう。
家にいても夫婦の会話が少なくなったり楽しくないと感じると、不満を持ったり喧嘩が多くなる夫婦も少なくありません。
夫婦関係に不満があれば、配偶者よりも他の異性と過ごす時間が楽しく感じるのも当然であり、浮気に発展してしまう可能性が高くなるようです。
また、夫婦関係が上手く行っていれば、異性からアプローチを受けても配偶者の気持ちを考え思いとどまる人も多いようです。しかし、夫婦関係に不満があれば配偶者に対する罪悪感は薄くなり浮気に発展しやすくなります。
夫婦関係の不満が原因で浮気に発展するケースは少なくありません。夫婦関係を良好に保つことが浮気を防ぐためには大切です。

性的欲求を満たしたい

セックスレスや相性の問題で配偶者との性行為に不満があり、性的欲求を満たす目的で浮気をしている人は少なくありません。また、夫婦の性行為に不満がなくても、好みの異性とチャンスがあれば身体の関係を持ちたいと考えている方も少なくありません。
その他にも、そもそも不特定の異性との性交渉が好きな方もある程度はいると思われます。
性的欲求を満たす浮気は男性だけでなく女性であっても少なくありません。男女ともに、性的な欲求が浮気をする一つの理由です。
性的欲求を満たすための浮気は、夫婦間の性行為があれば浮気をしない訳ではありません。性行為の内容や配偶者に対する気持ちはもちろんですが、新しい異性との性行為が好きな人もいますので難しい問題です。

独身時代のようなトキメキを感じたい

好意を持っている相手や付き合って間もない異性に対して、ドキドキしたりトキメキを感じた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
しかし、結婚生活が長くなればトキメキは次第に薄れていきます。最近の研究では、異性に対するトキメキの感情はホルモンの影響で起こっており、同じ異性に対しては最大でも2~3年しか継続しないと分かっています。しかし、異なる異性に対しては新たにトキメキを感じることも分かっています。
このような恋愛感情を人はとても快感に感じますので、他の異性に対してトキメキを感じ浮気をしてしまう人も少なくありません。
独身時代に経験したトキメキをもう一度感じれば、恋愛関係に発展しても不思議ではありません。

現実逃避をしたい

日常生活のストレスや不満な気持ちから、現実逃避をしたいと思い浮気をしてしまう方もいるようです。
原因になっているストレスには様々なものがありますが、子育てのストレス、仕事のストレス、経済的なストレス、人間関係のストレス、承認欲求が満たされないストレス、他人と比べた劣等感などがあるようです。
一概には言えませんが、現在の生活に満たされていない部分がある人は浮気をする可能性が高いようです。
現代社会の生活には誰でも多少のストレスはありますが、夫婦が協力してストレスを減らすことが大切です。また、ストレスの原因を夫婦が協力して解消できれば良いのかもしれません。

異性として見てもらいたい

夫婦生活が長くなると、配偶者から異性として見てもらえなくなったと感じ寂しいと感じている人も居ます。
結婚当初は強い恋愛感情があった夫婦でも、次第に恋愛相手から家族へと関係が変わっていくものですが、この感情の変化に不満を感じる方も居るようです。
そんな時に異性として見てくれる人が現れると、嬉しく感じ浮気に発展してしまう方も多いようです。
結婚をしていても、異性から好意を持たれると自分に魅力があると感じ嬉しく感じるものです。
このような感情は、男性にもありますが女性の方が強い傾向にあります。また、若い頃に恋愛が好きだった人や承認欲求が強い人に当てはまりやすいようです。

そもそも浮気を悪いと思っていない

タレントでも浮気は文化だと言い反省しない人がいるように、浮気をそもそも悪いと思っていない人もいるようです。
当探偵社の経験からも、浮気を問い詰めたときに素直に謝る人は20%以下であり、80%以上の人は自分を正当化したり逆切れをします。このような行動は、浮気をして傷つけた配偶者の気持ちを理解できておらず、浮気を悪いと思っていない考えの表われです。
浮気は配偶者と浮気相手を傷つけると認識していれば浮気をしませんので、浮気をしている人の多くが浮気を悪いとは思っていません。
浮気を悪いと思っていないのですから、浮気がバレても辞めるのではなく隠れて浮気を繰り返します。つまり、バレなければ浮気をしてもいいと考えているのです。
このような人は、配偶者や浮気相手の気持ちを理解できず、自分の欲求を優先し浮気を繰り返す可能性が非常に高いです。

浮気を防ぐ方法はある?

浮気は民法に反する不法行為であるだけでなく、配偶者や浮気相手を傷つける行為でもあります。そのため、法律上もモラル上も決して許される行為ではありません。
しかし、浮気を批判したり配偶者を責めるだけでは浮気を防げないのも事実です。
浮気を完全に防ぐ方法はないのかもしれませんが、浮気をしたくならないように良好な夫婦関係を築くことが大切です。
浮気の原因は夫婦関係の不満が影響している場合が多いので、良好な夫婦関係を維持できれば浮気の多くを防げます。また、夫婦関係が良好であれば、配偶者に対する罪悪感から浮気を思い留まる人も多いでしょう。
浮気を防ぐ最も効果的な方法は、夫婦がお互いを思いやり大切にしたいと思える関係を築いていくことです。

また、浮気は周りを傷つける行為だと伝えるのも一定の効果があるようです。
浮気は配偶者はもちろんですが、浮気相手や子どもまでも傷付ける行為です。
しかし、浮気をしている人の多くは離婚に繋がるとは考えておらず、バレなければよいと軽い気持ちで浮気をしている人も少なくありません。
そのため、浮気は大きな代償が伴うと配偶者に伝え、今の生活が維持できなくなると伝えることで抑止力になる可能性があります。また、一度でも浮気が発覚した夫婦は、離婚をしなかった場合でも完全に元の関係には戻れないと伝えると良いでしょう。
ただし、現在浮気をしている人に対しては嫌みになってしまう可能性があり、夫婦関係が悪化する原因になりますので注意しましょう。

その他には、浮気の時間やお金を与えない方法も少しは効果があるようです。
相手を過剰に束縛するのではなく、外出をするときには行き先や要件を伝え合う夫婦関係を築ければ時間が作り難くなるでしょう。
また、浮気にはある程度お金が必要ですので、お金を管理できれば防げる場合もあります。恋愛感情を伴う浮気には効果は少ないかもしれませんが、一夜限りの身体の関係あれば効果的な場合があります。

ただし、どれだけ浮気を防ごうとしても浮気を繰り返す人もいます。
残念ながら、このような人に対して浮気を防ぐのはほとんど不可能です。結婚前であれば結婚をしない選択肢が可能ですが、既に結婚をしている夫婦では離婚か浮気を我慢するしか選択肢がない場合もあります。
浮気を防ぐには、相手を思いやり良好な夫婦関係を築くことが最も大切ですが、浮気をしない結婚相手を選ぶことも重要なのかもしれません。

お問い合わせ・お見積り

お問合せ・お見積りは無料で対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
お電話での受付時間:8:00~24:00 年中無休(土日祝も営業しております。)

ページトップへ戻る